スマホでOBD2(OBD2+Bluetooth+Android+OBD Info-san!)

車のエンジン情報を見てみたい。

車の走行状態(エンジンの状態)をもっと詳しく知りたい。
これは車に興味を持ち出した当時からずっと思っていたこと。

最近、ネットを見ていたら簡単にそれらをモニタできる仕組みがあることを知った。
それはOBD2というコネクタから様々な車の信号がとれる。というもの。

OBD2とは車載信号を取得したり、車のコンピュータを操作するために統一された規格のことで、
最近の車であればコネクタを装備することがメーカーに義務づけられている。
そのため、大概の日本車には備わってることになる。

その車のOBD2コネクタから信号を取りBluetoothでスマホに飛ばすアイテムが安く売っている。
特に、ELM社のELM327というチップを使ったデバイスが有名みたい。

 
さて、ここから取り出した信号を見える化するのには、いくつか準備が必要。
  1. OBD2信号を車から抜きだしスマホに飛ばすためのスキャナ(上記アイテム)
  2. 情報を表示させるためのモニタ。Androidスマートフォン(Bluetooth機能あり)を使う
  3. 情報を取得し表示するためのスマホのアプリケーション
まずは車からOBD2信号を抜きだしスマホに飛ばすためのOBD2スキャンツール。
Amazonや楽天の通販サイトで「OBD2」と入れて検索すれば、
それらしきアイテムがたくさん引っかかる。

1000円しない安物から数万円するものまで。
ディスプレーと一体になった専用品もあるがたいてい値段が高い。
安いのは中国製のバッタもんだったり、思うような動作しなかったり問題が多い模様。

お遊び程度に考えてるので、上記の2000円程度のOBD2スキャンツールを買ってみた。
8cmCDが付いてきたがネット情報ではウィルスやマルウェアが紛れ込んでいるようで
怖いのでそれは使っていない。とりあえず見なくても使えてるのでよしとする。

Bluetoothで情報を飛ばすため配線は不要。
Bluetoothを受けるデバイスは手元にあるスマホ(Android)を使えばよい。
今回の実験に使ったスマホはGalaxyS3(SC-06D)。OSはAndroid4.1.2。

セットアップ

OBD2のコネツタのありかを探す。

たいていは運転席の足元にあることが多い。姿は白色の台形をしたコネクタ。
そもそも、コネクタは手の届くところで覆われていてはいけない。という規格なのだそうで
誰にでも見つけることができると思う。

OBD2のスキャナーを取り付ける

難しい事はなくただコネクタにスキャナを差し込むだけ。

アルファード(ANH25W)の場合、アクセルに近いところにあり、
下手に足が触れて外れそうである。
高さの低い小型のスキャナの方が安心かもしれない。

今回のスキャナは電源スイッチはなくコネクタに差し込むと
車の常時電源から通電しスイッチが入る。
なので、キーオフでも微量の電力消費があるので、たまにしか運転しない人は
バッテリーが上がらないように、使わないときは外しておいたほうがよいと思う。

スマホとBluetoothペアリング

スマホでBluetooth信号を捕まえ、スキャナとペアリングを行う。

ここでドツボにはまったので、顛末を残しておく。
スマホ(自分の場合はSC-06D、GalaxyS3)のBluetoothを有効にすると、
間もなくOBD2というペアリングポイントを検出。
タップしてペアリング開始すると、ペアリングのキー入力を促される。

安物のせいか説明書もなく、キーなど知らない。
もしかしたら付属のCD-ROMの中に書かれてるのかもしれないが、
適当に「0000」とか「1234」とか入れてみる。

「1234」でキーは通った模様。
ただ、20秒くらいすると「ペアリングに失敗」となってしまう。

あとでわかったがこの段階ではこのままでよかったみたい。
スキャナとスマホのコネクションの確立はこの段階ではできないのが正しい挙動のようで
それに気づくまで無駄な時間を費やしてしまった。

 

アプリインストール

スマホ上でその信号を可視化するには、専用のアプリが必要。
まずは動作確認のためにGooglePlayから無料のOBD2アプリをインストールしてみる。
使ったのはOBD Info-san!トライアル版
レビュー見る限り最も安定しているアプリで対応車種の幅も多いみたい。
機能制限があるがとりあえず動作確認なのでこれでよい。
使い勝手が良かったらフル機能版を購入しよう。

 

アプリを起動

インストールが終わったらOBD Info-san!トライアル版を起動。
設定から[Bluetoothデバイスの選択]を選ぶと、先ほどペアリングした際の「OBD2」が選択できる。

設定から戻って画面上の「InstrumentPanel」をタップするとOBD2スキャナと通信始めた。
スマホ上部のBluetoothマークもコネクション張れている状態になっている。
要するにスキャナとスマホとのペアリングは
このアプリによる接続のタイミングに張れるようである。

こんな感じに車の情報が取れる。

スマホでOBD2

スマホでOBD2



 

 

スマホ上でどんな情報を見るか?(見れるか?)については
車の仕様であったりアプリ側の機能次第ということになる。

なお、アプリはフリーのものも転がっているので、
お金を払いたくなければそれらを使ってもよさそう。

フリーのOBD2情報ソフトの中でも多機能で動作が確認できたのはこれ。

Torque Lite (OBD2 & Car)

ただし全て英語です。

アプリはいくつか使ってみて、最終的に日本語対応で使いやすかったのは
やはり国産の OBD Info-san! でした。結局お金払ってアプリを使ってます。

バキュームの値を取りたかったんですが
うちのアルファード(ANH25W)の場合、取れませんでした。
ここはすこし残念なところ。

Posted in 趣味, | Tagged , , | 2 Comments

[鐵ネタ]SLデゴイチを運転してきました

蒸気機関車のデゴイチを運転してきました。

てっぱく D51 426 シミュレータ

てっぱく D51 426 シミュレータ







といっても、シミュレーターです。




先日、家族で鉄道博物館に行ってきた時の話です。
SLのシミュレータは初体験だったのて初級コースでしたが、リバーと加減弁ハンドル、ドレン、バイパス弁の関係がわかったのが収穫。シミュレータ自体、揺れも再現していて結構リアルでおもしろかったです。アテンド付くので操作方法わからなくても運転できます!

てっぱく D51 426 シミュレータ

てっぱく D51 426 シミュレータ



子供と一緒に運転台に乗り込んで、私が運転中は投炭や汽笛をガンガン鳴らして楽しんでました。

てっぱく D51 426 シミュレータ

てっぱく D51 426 シミュレータ




ちなみに今回はアトラクション中心!と目的をしぼっていきました。鉄道博物館は一日では楽しみ尽くせませんので。
まず入館と同時にミニ運転列車とSLシミュレーターの整理券をもらいます。これがないといずれも体験できないんです。
無事、整理券を入手できたら指定された時間に乗り場に集合。


ミニ運転列車は乗りたい電車は選べませんが、鉄道博物館に向かうときに使った武蔵野線に当たり、子どもたちは大喜び。


てっぱく ミニ運転列車 武蔵野線

てっぱく ミニ運転列車 武蔵野線




てっぱく ミニ運転列車 コース

てっぱく ミニ運転列車 コース



てっぱく ミニ運転列車 武蔵野線

てっぱく ミニ運転列車 武蔵野線



2回目めは成田エクスプレスでした。

てっぱく ミニ運転列車 N'EX

てっぱく ミニ運転列車 N'EX




にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

Posted in 蒸気機関車 | Tagged , , | Leave a comment

[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る モーターのマウント

メインのギミック、動輪を動かすモーターを取付けました。
実際モーターを回してみたところ、ぎこちなく動輪が回り始め、途中で引っかかったように停止してしまいました。

蒸気機関車D51を作る モーターのマウント[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る モーターのマウント
シャフトとモーターの芯出と、少しでも各部のフリクションを減らす意味で軸箱と車軸の摺動部とウォームギアに少量のグリスを塗布しています。

結果は概ね良好で、最初にモーターを回した時と比べると格段にスムーズに回るようになりました。

従台車のイコライザーのアップ。蒸気機関車の中で個人的に一番好きな部分かも。
なぜか?って、自分でもよくわかっていませんが、惹かれるんですよね。ここに。
蒸気機関車D51を作る 従台車[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る 従台車
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

Posted in D51を作る, 蒸気機関車 | Tagged , | Leave a comment

[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る テンダー(炭水車)の塗装

塗装済の台車は一旦外して、塗装の喰い付きを良くするために全体を400番のペーパーでサンディングしました。

次に下地にプラサフを塗っていきます。
垂れないように数回に分けて何度か重ね塗りします。

機関車D51を作る テンダーのプラサフ塗装

機関車D51を作る テンダーのプラサフ塗装



プラサフは乾燥が早いので1時間くらい放置した後、ツヤ消し黒ですぐに本塗りに入ります。
こちらの方はプラサフよりさらに塗料が垂れやすいので、気をつけながら薄く何度も塗っていきます。

画像は塗り立てのため光沢がありますが、乾燥していくうちに徐々にツヤ消しのしっとりとした黒に落ち着いていきます。

機関車D51を作る テンダーのツヤ消し黒塗装

機関車D51を作る テンダーのツヤ消し黒塗装



改めて台車を取付け線路の上に置いてみました。すでに届いている石炭も乗せてみました。

蒸気機関車D51を作る テンダーの塗装

蒸気機関車D51を作る テンダーの塗装



99号で届いたフィギュアもキャビンの中にいます(笑)


蒸気機関車D51を作る テンダーの塗装蒸気機関車D51を作る テンダーの塗装



にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

Posted in D51を作る, 蒸気機関車 | Tagged , | Leave a comment

[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る テンダー(炭水車)の艤装

テンダー(炭水車)の艤装を行いました。連結器やブレーキホースはまだ付けていません。

最終的には磨いて塗装してしまうので問題無いのですが、こうやって写真で見ると手あかがすごいですね。。。

蒸気機関車D51を作る テンダー(炭水車)[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る テンダー(炭水車)

ブレーキシリンダーを床下に付けました。テンダーのロッド類は結構、端折られていて残念な感じです。

蒸気機関車D51を作る テンダーブレーキシリンダー[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る テンダーブレーキシリンダー
キャビン側です。キットそのままのディールアップなしなので、至ってシンプルです。

蒸気機関車D51を作る テンダー(炭水車)[鐵ネタ]蒸気機関車D51を作る テンダー(炭水車)
この後、テンダーの下地作りと塗装をしていきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

次回はテンダーの塗装をしていきます。

にほんブログ村

Posted in D51を作る | Tagged , | Leave a comment